【ご入居者様へ】給湯器の凍結防止対策と対処について

こんにちは。業務推進課の橋本です。


先週末の1月14日15日は、今季最強の寒気の影響で、新潟市もとうとう雪が積りましたね。


今回の寒気の影響で、土・日・月・火と20件ちかく、このようなお問い合わせがありました。

・お湯が使えない

・お湯の蛇口から水が出ない

といった給湯器が凍結してしまったお部屋が、多く見受けられました。


新潟市など寒い地方では、今回のように給湯器が凍結してしまうことも珍しくありません。
そこで、今回は給湯器を凍結防止する方法や、凍結してしまった場合の対処法をご紹介します。

 給湯器リモコン

給湯器の凍結防止対策と対処について

給湯器が凍結する原因


給湯器は、内部に水を通す管があり、この管にとおっている水を炎で温めてお湯にして、必要な場所に給水しています。
蛇口を止めても、給湯器内部や配管の中には水が残ります。
寒い地域では、冬の夜間に、この給湯器の内部や配管の中に残った水が凍りついてしまうことがあり、給湯器自体が使用できなくなります。
また、水は凍結すると体積が増え、水道管や給湯器内部の配管が壊れる可能性もでてきます。
そのため、夜間の気温が0度を下回るような時には、凍結に注意しなくてはなりません。

給湯器の凍結防止対策


では、給湯器の凍結を防止するための方法をご紹介します。

電源プラグを抜かない


最近の給湯器は、凍結防止にヒーターや循環ポンプなどを使っています。
そのため、冬に長期間留守にする場合は、必ず電源プラグをさしたままにし、ブレーカーを下げないでください。
電源プラグを抜いてしまうと、凍結防止装置まで作動しなくなります。

運転スイッチを切り、水を細く出しっぱなしにする


水は流れていると凍結しにくいです。(同じ気温のときに池の水は凍結するのに、川の水が凍結しないのと同じ)
ですので、夜間に運転スイッチを切り、お風呂の浴槽内で、水を細く出しっぱなしにしておいてください。(お風呂の栓を抜いておく)
目安は、ぽたぽたとしたたり落ちるよりも少し多い程度で、細い流れとなって水が蛇口から落ち続けるくらいにすれば、大丈夫です。

給湯器が凍結してしまったら

 

基本は放っておく(自然解凍)


給湯器の内部や水道管の中の水が凍りついてしまっても、できることはあまりありません。
外気温が上がり、内部の水が溶けるまで待つしかないのです。
給湯器が点火できる場合は、熱いお湯を流して水を溶かす方法もありますが、給湯器が動かなければどうしようもありません。

水道管が破裂してしまったら


凍った水が原因で水道管が破裂すると、水が止まらなくなります。
その場合は、水道の元栓を閉めて、すぐに当社までご連絡ください。

まとめ


今回は給湯器の凍結防止対策と、凍結してしまった場合の対処法をご紹介しました。
まとめると、
・気温が0度を下回るような時は、給湯器の内部や水道管の中に残っている水が凍結することがある
・夜間や長期間留守にする場合は凍結する危険性が高い
水を細く出しっぱなしにするなど、凍結防止対策をしましょう
・凍結した時は、溶けるまで待つ
・水道管が破裂したら、すぐに当社まで連絡する
ということなります。


その他、よくあるお問合せについては、

◯設備故障など:設備のトラブルページ

◯その他家賃や鍵・車関係など:よくある問い合わせページ

にまとめてありますので、ぜひご覧ください。