【オーナー様へ】賃貸住宅向けのIoT設備について

こんにちは。営業部の檀上です。


最近、「IoT(Internet of Things)」という言葉をよく耳にします。

そもそもIoTとは、様々な「モノ」に通信機能を持たせて、インターネットに接続することで、相互通信を行う仕組みのことです。
賃貸住宅ならば、ご入居者様の ①安心・安全性の向上 ②利便性の向上 を狙いとする設備になります。

さて、今回は“賃貸住宅向けのIoT設備”をご紹介したいと思います。


IoT

賃貸住宅向けのIoT設備

安心・安全性を向上させる設備

 

TVモニター付インターホン

 

来訪者を目で見て確認できるTVモニター付インターホン。
在宅中はもちろん、外出中は来訪者の画像を自動録画し、後から確認することもできるので、ご入居者様が安心して住める住環境をサポートすることができます。
また、インターホンがインターネットに繋がることによって、スマートフォンで屋内でも屋外でも来訪者の対応が可能になります。
不在時の宅配便の対応もできます!


防犯カメラ

 

エントランスや廊下、共用部分にカメラを設置し、インターネット経由で世界中どこからでも24時間リアルタイムに監視ができます。
リアルタイムでの上下左右・ズームの遠隔操作・音声も入る機能面も充実しています。
保存機能も搭載しているので、トラブルが生じた際に後から確認することが可能です。

スマートロック

 

玄関ドアの内側のサムターン(つまみ)にユニットと呼ばれる装置を設置し、スマートフォンに専用のアプリケーションをダウンロードすることで、スマートフォンが住宅の鍵になる仕組みです。
遠隔で鍵の施錠確認と開閉もできるので閉め忘れによる空き巣被害を防ぐことができます。
手がふさがっていてもスマートフォンを感知し、自動で鍵を開けることもできます。

利便性を向上させる設備

 

エアコン・照明の遠隔操作

 

スマートフォンで外出先からエアコンの操作を行い、帰宅時に快適な室内温度に設定することや照明の消し忘れ防止や帰宅時に自動的に部屋を明るくする等を遠隔操作することができます。
また、使用方法によっては空き巣被害にも効果を発揮します。

デジタルサイネージ

 

集合住宅の共用部へ液晶ディスプレイを設置することで入居者様へ様々な情報を告知できるサービスです。
従来のプリントアウトした紙を画鋲やテープで掲示板に貼るといった面倒な作業は不要となり、インターネットを利用した管理画面から簡単に情報を告知することができます。
また、緊急地震速報を配信することもでき、タイムリーにご入居者様へ情報提供を行い、地震による被害を軽減できます。

まとめ

 

今回紹介した設備は高額なものばかりではなく、数万円で設置可能なものもあります。
設置する際は、インターネットに接続されているため、不法侵入(ハッキング)されるリスクもありますので、セキュリティ対策ができている商品を選ぶ点にもご注意してください。