【ご入居者様へ】猛暑日は要注意!熱中症について

こんにちは。業務推進課の貝津です。

 

さて、本日は最近度々ニュースになっている『熱中症』についてお話したいと思います。

 

7月下旬の1週間で救急搬送された人数が全国で2万2000人超えだったと総務省消防庁が発表しました。

新潟県内でも日中最高気温35度以上に猛暑日が続いておりますので、他人事ではありません。

 

熱中症の症状と対処法を紹介いたします。

熱中症の症状と対処

熱中症の症状

 

めまいや顔のほてり

 

めまいや立ちくらみ、顔がほてる、頭痛などの症状が出たら、熱中症サインです。

 

筋肉痛や筋肉のけいれん

 

手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

 

体のだるさや吐き気

 

体がぐったりし、力が入らなくなります。吐き気やおう吐などを伴う場合もあります。

 

汗のかきかたがおかしい

 

ふいてもふいても汗がでるなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

 

体温が高い、皮膚の異常

 

体温が高くて皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

 

【危険】呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

 

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。
すぐに医療機関へ受診しましょう。

 

【危険】水分補給ができない

 

自分で上手に水分補給が出来ない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐに医療機関へ受診しましょう。

 

このような症状が出ないよう、日頃から熱中症の予防・対策をおこないましょう。

熱中症の対処法

 

もし熱中症かな?と思うようなサインがあったときは、すぐに応急処置を行い、病院などの医療機関へ連れていきましょう。

 

涼しい場所へ移動

 

クーラーが効いたところへ移動しましょう。屋外の場合は、風通りのよい日かげに移動しましょう。

 

衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げる

 

衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。保冷剤で両側の首筋や脇、足の付根などを冷やすと効果的です。

 

塩分や水分を補給する

 

できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませましょう。
※おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

まとめ

 

涼しい室内にいると喉の渇きを感じにくくなってしまい、気づかないうちに脱水症状を引き起こし、熱中症にかかってしまう場合もあるそうなので、帰宅されてからもお気をつけください。
また、お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給には適していません。
仕事終わりのビールはとても美味しいですが、水と適度な塩分補給を心がけ、この暑い夏を一緒に乗り切りましょう!