【ご入居者様へ】冬のお部屋の寒さ対策

こんにちは。営業部の西川です。

 

近頃、冬に向かってますます寒くなってきましたね。

 

さて、今回は冬のお部屋の防寒対策をご紹介します。

冬のお部屋の寒さ対策

部屋が寒くなる原因

 

窓やドアの開け閉めや、建具等のすきまから冷たい外気が入ってきます。
また、窓ガラスや玄関扉は開け閉めしなくても、冷たい外気と接していることにより、室内側の空気も冷やされていくので、室温が下がります。

 

暖房で暖めた部屋の中の空気を、外へ逃がさない様に対策しましょう。

寒さ対策

 

床にカーペットをしく

 

冷たい空気は暖かい空気より重いので、床や足元が寒くなります。
フローリングの床は冷たいのでカーペットを敷きましょう。
至って普通な対策ですが、カーペットの下に断熱シートや100円ショップなどにあるジョイントマット等を敷くと、更に断熱効果があります。
お金をかけたくなければ段ボールでもいいと思います。

 

また、床の防熱対策は防音の効果も期待できます。
ただ、湿気が溜まるとカビが発生することがあるので、飲み物をこぼしたりした場合は綺麗に拭いて乾かしましょう。

 

玄関ドア・室内ドアの隙間を塞ぐ

 

玄関ドアと枠の間にすきまがある場合は、市販のすきまテープで塞ぐと良いです。
金属製のドアは冷たいので、室内側表面にクッションシート、梱包用の気泡の入った緩衝剤(ぷちっと潰れるやつ)などを貼るのもいいです。

 

また、開き戸の下のすきまを塞ぐと冷気の侵入を防ぐことができます。
ドアの下側にすきまを塞ぐようにすきまテープを貼る、または粘着テープを使わずに設置できるすきまストッパーなどもあります。

 

※アパートは退去時に原状回復がありますので、粘着テープを貼る際は下地を痛めないよう跡に残らないものやきれいに剥がれるタイプのもの使うとよいと思います。

 

窓ガラスに断熱シートを貼る・カーテンを長いものに変える

 

ガラスはとても熱を伝えやすい物質ですので、温度差があると、どんどん冷気が伝わってきます。
結露しやすいのもそのためです。
ガラス用の断熱シートなども市販で売っていますが、玄関ドアと同様に梱包用の気泡の入った緩衝剤(ぷちっと潰れるやつ)などを貼るといいです。


また、大きな窓ならカーテンの丈を床まで付く長いものに変えると冷気が足元にくるのを防ぐことができます。

 

 

いくつか簡単にご紹介させていただきましたが、他のサイトなどでも詳しく防寒対策などが出ていますので参考いただければと思います。