【地域ネタ】除雪作業について

こんにちは。業務推進課の小林です。

週末は雪がたくさん積もり、除雪が大変だった方も多かったのではないでしょうか?
私も自宅の除雪作業でへとへとになりました…
普段から体力をつけておかないといけないですね。
身に染みて感じました。

さて、今週のブログは、ご存知の方も多いと思いますが、除雪についてお伝えします。



道路の除雪について


市道や市が管理する国県道は新潟市が除雪を行います。
大雪の場合は、市の除雪も追いつかない場合があります。

新潟市のホームページで除雪が行われる道路を確認できます。
新潟市 除雪計画路線図

また、町内会で除雪が行われる場合もあります。
それ以外の建物敷地内や駐車場、私道は、自分達で除雪を行う必要があります。

除雪に必要なもの


・スノースコップ
・長靴(膝丈までの長め、底の溝が深く滑りにくいものがベスト)
・手袋
・服装
  インナー(吸収性・速乾性のあるもの)・ウィンドブレーカーorレインジャケット(防水加工のアウター)

☆さらにお勧め☆

・スノーダンプ(ママさんダンプ)
今年のような大雪では、スコップだけでは追いつかないので、スノーダンプがあると大変便利です。

・スノーズボン、レインジャケットズボン
万が一転んだ時や雪に当たってしまった時に濡れずに済むので、とても便利です。

・ニット帽
耳の冷えや、頭に雪が積もるのを防止します。

 

除雪のポイント

 

安全第一


除雪作業は出来るだけ一人で行わず、複数人で行いましょう。
一人で行う場合は、近くの人に声をかけて行いましょう。
落雪や除雪機による事故に遭わないよう、常に周囲の状況を確認しましょう。

 

体調管理を忘れずに


除雪中は無理をせず、こまめに休憩して、水分補給もしっかり行いましょう。
そして、汗をかいたら必ず着替えをしましょう。汗が冷えると風邪を引いてしまいます。
また、除雪をする際は、体全体を使いましょう。
除雪作業の後に、腰を痛めてしまうことがよくあります。
スコップ等の柄は短く持ち、腰を落として作業するようにしましょう。

 

除雪のタイミング


雪が止んだら、こまめに行うのがベストです。
除雪作業は想像以上に、重労働で時間もかかります。
時間が経ってしまうと、降雪量が増えるだけでなく、雪が固くなり、水分を吸って重くなってしまいます。

 

雪を集める場所


日当たりの良い場所や、排水しやすい場所に雪を集めるようにしましょう。

 

まとめ

 

先週末の大寒波は過ぎ去りましたが、また大雪が降るかもしれません。
雪はやっかいですが、知らない方に雪道で助けられたりすると、雪国の人の優しさを感じます。
除雪は本当に大変ですが、無理をせず、周りの方と声を掛け合って、冬を乗り越えましょう。