【ご入居者様へ】賃貸備付けエアコンの故障トラブル・修理について

こんにちは。業務推進課の浅井です。
暑い日が続いていますが、エアコンの調子はいかがでしょうか。
頻繁に使われる時期だけに、不具合のお問い合わせや修理もかなり集中します。

さて、本日は、備え付けエアコンの故障トラブル・修理について、ご紹介いたします。

 

賃貸備付けエアコンの故障トラブル・修理について

エアコンが効かない


1.コンセントは差し込まれていますか?
2.室内機の操作部の電源ははいっていますか?
3.室内機、室外機の吸い込み口や吹き出し口はふさがれていませんか?
4.フィルターが汚れていませんか?
以上のことを確認して、取り扱い説明書を読んでみましょう。

エアコンから室内に水漏れする


室外機本体の中に水が流れる溝があり、フィルターの埃が溝を塞ぎ溝から溢れた水が本体下部より水滴の落ちる形で垂れてきます。
また、 エアコンを使わないときなどは、ドレンホースに入った木の葉などのゴミのつまりが主な原因です。
当社、もしくは販売元などに連絡をしてゴミを取り除きましょう。
設定温度20℃未満で長時間運転すると、吹出口に露が付く場合がありますが、これは異常ではありません。

 

エアコンからポコポコ音が出る


これは故障ではなく、エアコン内部の結露水を排出するドレンホースに、外気が入ってきたときに発生する音です。
冷房運転中に発生して、運転停止直後までポコポコ音が続くことも。
また、換気扇を使用したり、屋外が強風だったりすると、室内と室外の気圧のバランスが崩れて起こることがあります。
どうしても気になる場合は、エアカットバルブという部品によって異音の発生を防止できます。

 

まとめ


「部屋備え付けのエアコンの調子が悪い、壊れている」といったエアコンの故障トラブルがある時は、必ず管理会社クリムトまでご連絡ください。
業者でエアコンのチェックをさせていただき、修繕できない場合は交換します。
また、入居者の過失で壊したわけでなければ、貸主側の費用負担になります。
※ご連絡の際は、エアコン本体に貼ってあるシールに記載の「メーカー・型番・◯年製」を教えてください