【ご入居者様へ】賃貸物件でのペットを飼育する際の注意点

こんにちは。業務推進課の小林です。
先週までは暑い日が続いておりましたが、今週は涼しく過ごしやすくなりましたね。
今週末は4連休で、秋の行楽に行かれる方もいらっしゃるかと思います。
まだまだマスク着用の日々が続きますが、気分転換しながら秋を楽しめると良いですね。

さて、今回のブログは、ペット飼育OKの賃貸物件で、「ペットを飼育する際の注意点」についてご紹介いたします。

 

ペットを飼育する際の注意点

ペットを飼育する際の注意点は?


ペット飼育OKの賃貸物件では、「ペット飼育細則」というペット飼育に関する規約が定められており、それらを遵守する必要があります。
契約時に、契約書類と一緒に渡されますので、今一度ご確認ください。

また、それ以外に注意すべき3点をご紹介いたします。


1.エントランスや廊下、エレベーター等の共用部では、ペットをキャリーバックに入れるか抱きかかえて移動しましょう


ペット飼育OKの物件といっても、入居者様の中には、動物が苦手な方もいらっしゃいます。
ペットが他の入居者様へ突然飛びついたりすることのないよう、しっかりと抱っこをする等、注意しましょう。


2.騒音対策のため、カーペットやマット等を床に敷き、ペットスペースの位置も工夫しましょう


ペットが歩く音が下の階へ響くことのないよう、ラグ等の敷物を敷くようにしましょう。
敷物を敷くことで、床を爪で傷つけることも防げます。
ペットの鳴き声が騒音とならないように、隣と接していない位置や、車や人が通る音が聞こえない(無駄吠えさせない)位置にペットスペースを作るように工夫しましょう。


3.トイレは窓際に設置しないようにしましょう


換気のために窓の傍に置きたくなることころですが、においが周囲に広まってしまう恐れがあります。
隣の部屋だけでなく、隣の家にまでにおいが届くケースもあります。
人間のトイレの傍や、部屋の隅、洗面所等に置くようにしましょう。

まとめ


コロナ禍のステイホーム生活で、ペットを飼う人が増えています。
ペットは最大の癒しで家族の一員です。
大切なペットがトラブルの元とならないよう、飼い主さんが周囲への気遣いを忘れず、注意を怠らないことが重要です。
また、日頃から鳴き声やトイレ等のしつけをしておくことも大切です。
愛するペットと、楽しく快適な暮らしを送りたいですね。

ペット飼育可能物件は、ピタットハウスまでお気軽にお問い合わせください。
 
ピタットハウス新潟店
所在地:新潟市中央区笹口2-29
TEL:025-243-5144(不定休:9時〜17時)

ピタットハウス古町店
所在地:新潟市中央区古町通5番町584番地 stageR
TEL:025-227-6520(不定休:10時〜18時)

ピタットハウス新潟万代店
所在地:新潟市中央区万代1丁目4-33 損保ジャパン・新潟セントラルビル1F
TEL:025-245-8500(不定休:10時〜18時)