【ご入居者様へ】感染防止のポイントと冬の換気について

こんにちは、営業部の樋口です。

弊社事務所近くにあるけやき通りで恒例の「NIIGATA光のページェント」に向けた作業も見受けられ、あっという間の1年だったなあと感じている今日この頃です。
今年は新型コロナウィルスの影響で今までの様な過ごし方が難しいですが、新しい生活様式に則った形で、残り1ヶ月気を引き締めて過ごしたいと思います。

今回のブログでは、当ブログでも何回もご紹介している「換気」について、改めてご紹介したいと思います。
厚生労働省から発表されている新型コロナ感染防止等のポイントなども掲載しますので、ご参考にされてください。


 

感染防止のポイントと冬の換気について

1. 基本的な感染防止対策の実施


○ マスク着用
○ ソーシャルディスタンス
○ 3密を避ける

2. 寒い環境でも換気の実施


○ 機械換気(レンジフード等)による常時換気
○ 機械換気が出来ない場合は、室温低下に気を付けつつ、常時窓を開け換気
(1時間に5~10分程度、窓を5㎝程開け、室温が18℃を下回らないようにする)

換気方法:新鮮な風が入るようにする


①窓が2ヶ所以上有るお部屋
空気の通り道を作るよう、対角線上に窓を開ける

②窓が1ヶ所しかないお部屋
窓のそばに扇風機等を置いて風の流れを作る
少し窓を開け、レンジフードを使用するのもポイントです

 

換気の頻度:1時間に5分程度、2回換気を行う


窓を開けて換気する時の時間と回数の目安は、1時間に5~10分程度と言われていますが、1時間に10分の換気を1回するよりも、1時間に5分の換気を2回する方が、換気の効果は高くなります。
できることならば、回数を多く換気しましょう。

 

3. 適度な保湿


○ 換気しながら加湿器の使用や洗濯物の室内干し等で加湿を 目安は40%以上
○ こまめな拭き掃除を

 

まとめ


寒さが厳しくなる中で、換気には抵抗もありますが新型コロナウィルス対策はもちろん、インフルエンザ等その他の感染対策として、本ブログを参考に取り組みをお願い致します。