【ご入居者様へ】賃貸アパート・マンションで入居者様が交換する消耗品

こんにちは。業務推進課の小林です。

 

新潟は秋晴れの過ごしやすい日が続いていますね。

 

先週の台風被害で、千葉県では停電や断水等、深刻な状況が報道されています。一刻も早い復旧を願うばかりです。

 

新潟もいつこのような災害に遭うか分かりません。
台風の対策について、以前のブログ記事を今一度お読みいただき、備えを確認してください。

 

>>【ご入居者様へ】アパート・マンションの台風対策

 

さて、今回のブログは、入居者様がお部屋の中で自分で交換する必要のある消耗品についてご紹介いたします。

賃貸で入居者様が交換する消耗品

お部屋の中の消耗品とは

その名の通り、各設備の消耗する部分となります。

 

電球

 

白熱灯、蛍光灯、LED電球、種類は関係なく、お部屋の中の電球は入居者様に替えていただくものです。

 

電池

 

「お部屋の中のどこに電池が?」と思うかもしれませんが、実は電池は、いろいろなところに隠れています。

エアコン、照明器具、給湯器などのリモコン、インターホン、チャイム、キッチンのガスコンロ、玄関のデジタル錠などです。

 

これらは消耗品となりますので、交換が必要となった場合、ご入居者様で交換・取替をお願いいたします。

 

ご入居者様ご自身での対応が難しく、弊社にご依頼いただいた場合、費用負担が発生いたしますので、予めご了承ください。

消耗品以外の設備の故障は

通常使用していた設備(※)の本体部分で不良が生じた場合、修理・交換は大家様のご負担となります。

(※)重要事項説明書で「設備」として記載されている機器

 

例えば、
・照明器具の電球を交換したが、やっぱり点かない
・エアコンのリモコンの電池を交換したが、やっぱり反応しない
これらは、本体部分での不良が考えられます。

 

その際は、一度「設備故障のトラブルと対処法のページ」をご確認の上、お電話かHPのお問い合わせフォームにて、弊社までお問い合わせください。

 

>>設備故障のトラブルと対処法

>>お問い合わせ 入居者様用

 

なお、ご入居者様の不注意(故意・過失があった、必要なメンテナンスを怠っていた等)が原因の場合は、ご入居者様に費用負担が発生する可能性がありますので、予めご了承ください。

 

また、ご入居者様の不注意が原因の場合、ご加入の家財保険の内容によっては、家財保険を使うことで、自己負担金額ゼロになる場合もございますので、一度ご相談ください。

まとめ

消耗品といっても、数年に一度の交換になるので、実際に交換時期がくると戸惑ってしまうこともあるかと思います。
どれが消耗品で、どれが設備の本体なの?と迷った場合は、弊社までお気軽にご相談ください。

 

※写真引用:keisuke3さんによる写真ACからの写真