【オーナー様・ご入居者様へ】賃貸契約における水害リスク説明義務化

こんにちは、営業部の樋口です。
連日の大雨により各地で被害が発生しており、自分が住んでいる地域の安全性がどの程度なのか気になる機会も増えてきているかと思います。
不動産業界においても大雨などの水害リスクを抑えるための動きが有りましたので、ご紹介させていただきます。

水害リスク説明義務化について

水害ハザードマップによる対象物件の所在地の説明を義務化


R2.7.17に国土交通省より、住宅の購入・入居希望者に大雨が降った際の水害リスクを説明することをR2.8.28から不動産業者に義務付けると発表が有りました。

アパート等への入居時に不動産業者より「重要事項説明」を受けますが、その中に水害リスクの説明が追加されます。

  

水害に備えて


新居での暮らしを楽しんでいただくためにも契約時の説明をご理解いただく事はもちろんですが、日ごろから万が一を考えて行動する事をお勧め致します。
スマートフォンで気軽に現在地のリスク確認が取れるサイトも有りますので、是非ご活用下さい。

【重ねるハザードマップHPより引用】

 

以前のブログでは「洪水発生時の避難行動について」もご紹介しています。
そちらも合わせてご覧ください。