【オーナー様へ】共用部照明のLED化

こんにちは。営業部の尾﨑です。

 

年の瀬も押し迫り、本年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は共用部照明のLED化についてご紹介をさせていただこうと思います。

共用部照明のLED化

LED導入のメリット

まずLED導入のメリット、目的は総合的なコストダウンです。
今回LEDを導入した弊社管理物件において、コスト削減シミュレーションを実施しました。

 

 LED導入前(蛍光灯)LED導入後比較
数量58個58個 
電力負荷(月平均)1.7kW0.5kW1.2kW減
電力量(月平均)666kWh210kWh456kWh減
安定器49台0台49台減
使用料金(月平均)15,718円4,949円10,769円減
電球交換代(月平均)1,354円0円1,354円減
使用料金(年平均)188,616円59,388円129,228円減
電球交換代(年平均)16,248円0円16,248円減

 

もちろん建物の規模、照明の個数によって変わってきますが、今回の物件で、あくまでもシミュレーションですが、LED導入後のコスト(電気使用料・電球交換代)を年間約145,000円削減できるという結果でした。

LED導入のデメリット

ただ、デメリットとしては導入コストがかかるという点もあります。
しかし、具体的な数字で表すと、
今回の導入コストが約45万円。
年間削減コストが約15万円。
そうすると3年程度で採算がとれることになります。

 

導入コストについては、電球をLEDに交換するのか、器具ごと交換が必要かどうかで上下します。
今回の例で言うと、エントランス、階段は電球交換。その他駐車場、共用廊下は器具交換という状況でした。

まとめ

CO2排出を大幅に削減でき、水銀などの有害物質を含まないので環境にもやさしく、今後どこかのタイミングでLEDに交換する必要が出てくると思います。
その時のためにご検討いただければ幸いです。