【オーナー様へ】蛍光灯販売生産ほぼ終了へ!照明のLED化を

こんにちは。営業部 檀上です。

 

民法改正にばかり目を向けていた最近ですが、2017年8月に「水銀に関する水俣条約」が発行され、「水銀による環境汚染の防止に関する法律」の施工に伴い、水銀の使用が大幅に制限されることを皆様ご存じでしょうか。
2020年12月31日以降は、水銀ランプ等の製造・輸出入が原則として禁止されることになりました。

 

今回は照明のLED化について、共同住宅経営に関わるポイントをご説明させていただきます。

照明のLED化

 

生産終了となるのは「蛍光灯」「蛍光灯器具」「水銀ランプ」です。

照明メーカー名該当製品発表内容備考
パナソニック(株)蛍光灯照明器具生産終了
(2019年3月末)
蛍光ランプの製造は継続
三菱電機(株)蛍光灯照明器具
蛍光ランプ
生産終了
(2021年3月末)
 
NECライティング(株)蛍光灯器具生産終了
(2018年3月末)
 
日立アプライアンス(株)直管形・環形蛍光ランプ全機種生産終了
(2019年12月末)
2020年3月末販売終了
岩崎電気(株)水銀ランプの注文受付終了
(2020年6月末)
在庫無くなり次第販売も終了
(2021年1月1日以降)
東芝ライテック(株)蛍光灯器具製造を中止
(2017年3月末)
水銀ランプの販売終了

※各社メーカーHP参照

 

2020年には上記製品の販売、生産はほぼ終了となります。

 

生産終了となった場合、どうなるのか

・交換用ランプが手に入らない→入居者が買い替え困難となる
・需要が減り、供給が少なくなる→今後価格上昇の可能性がある
・故障時、代替品が手に入りにくい→修理困難又は修理期間が長期化する

LED照明に変更した場合の変化と効果 

 

項目変化内容効果一般電球に比べると
電気消費量下がる電気代削減約85%省エネ
寿命長くなる経済的・電球交換の手間が減る約40倍の寿命
発熱量少なくなる空調の効率化

発光面・側面ともに発熱量が減

耐衝撃性高くなる地震等の落下時に割れにくい 
購入コスト上がる短期的な費用負担は増加10倍以上高くなる

ポイント

各社照明メーカーは順次蛍光灯照明器具等の生産を終了しています。
そのため、LED照明にするための工事も混み合う可能性があります。民法改正もありますので、早めに変更対応を済ませた方が、結果的に有効な対策と言えます。
今後、オーナー様へ退去修繕、補修等でLED化のご提案をさせていただく機会が増えると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。