【オーナー様へ】火災保険の補償内容について再確認しましょう

こんにちは。営業部の西川です。

寒い日が続いていますが2月に入り、天候も少しずつ落ち着いてきているように感じます。
今年は数年ぶりに新潟市内でも積雪や強風が多かった為、物件にも被害が出たところが見られました。

以前のブログでもご紹介しましたが、火災保険などで対応可能な案件もあると思いますので、ご加入の火災保険の補償内容について再確認頂ければと思います。

 

火災保険の補償内容について再確認しましょう

 

補償範囲の確認


火災保険は様々な損害に対し補償されますが、ご所有不動産のリスクにあった内容で補償されているかどうかが重要です。
ご加入の火災保険の内容を確認し、補償対象になるケース、ならないケースについて知っておきましょう。

保険金額の確認


償金額が大きすぎても保険料が高額になり、小さすぎでも復旧費用をまかなえません。
免責の有無等含め、事故の際に実際におりる保険金額を把握していない保険契約者様は意外と多いため、今一度確認してみましょう。

オプション補償の見直し


建物への補償の他に、入居者様や近隣建物などのへ損害に対する内容のオプション補償などもある為、必要に応じて見直し頂くと良いと思います。

まとめ


今回、雪災や風災で屋根や樋の破損、ドアや窓ガラスの破損、外部アンテナ・給湯器・室外機などの破損・故障 などがあった際はご加入の火災保険をご確認頂ければと思います。