【オーナー様へ】入居者に人気の設備ランキング2021

こんにちは。営業部の長井です。

 

本格的な冬の到来にかけて朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
寒暖の差も激しい時期ですから、皆様十分体調管理にはお気をつけください。

 

さて、新型コロナウイルスの感染者は全国的減少しているものの、今ひとつ、終息の兆しがないまま2021年も残りわずかとなりました。
この状況下でありながらも、賃貸の動向としては、来年の入学に向けてお部屋を探す学生さんや転勤に伴う会社員の方などが動いているように見受けられます。

 

今回は、お部屋探しの設備のニーズについて、今年も人気設備ランキングが発表されましたので、ご紹介させていただきます。

入居者に人気の設備ランキング2021

全国の賃貸仲介会社、管理会社321社に対し、2021年8月20日~9月27日に賃貸住宅の設備に関するニーズを探るため、「この設備がなければ入居者が決まらない」「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」の2つのテーマでアンケートを行いました。
今回はアンケートを基に、入居者のニーズの変化について見ていきましょう。

この設備が無ければ入居者が決まらないランキング

 

単身向け物件順位ファミリー向け物件
室内洗濯機置場(前回1位)1位TVモニター付きインターホン(前回4位)
TVモニター付きインターホン(前回2位)2位室内洗濯機置場(前回1位)
インターネット無料(前回3位)3位独立洗面化粧台(前回2位)
洗浄機能付き便座(前回5位)4位追い焚き機能(前回3位)

独立洗面台(前回4位)

5位洗浄機能付き便座(前回5位)
エントランスのオートロック(前回6位)6位インターネット無料(前回6位)
宅配ボックス(前回8位)7位システムキッチン(前回7位)
備え付け照明(前回6位)8位ガスコンロ(二口/三口)(前回8位)
高速インターネット(初)9位エントランスのオートロック(前回9位)
ガスコンロ(二口・三口)(前回9位)10位浴室換気乾燥機(前回13位)

 

※2021年10月18日:全国賃貸住宅新聞より

 

ポイント

 

ファミリー向けで首位に繰り出した、テレビモニター付きインターホンは、在宅勤務や外出の自粛などに伴って在宅時間が増えた中で、「訪問者の顔や上半身が鮮明に映る」セキュリティー設備として需要が増えております。

また、高速インターネットが単身向けで初めてランクインしており、こちらも在宅時間が増えたことが影響していると読み取れます。

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まるランキング

 

単身者向け物件順位ファミリー向け物件
インターネット無料(前回1位)1位インターネット無料(前回1位)
宅配ボックス(前回3位)2位エントランスのオートロック(前回3位)
エントランスのオートロック(前回2位)3位宅配ボックス(前回2位)
高速インターネット(初)4位システムキッチン(前回5位)
浴室換気乾燥機(前回4位)5位追炊き機能(前回4位)
独立洗面台(前回6位)6位浴室換気乾燥機(前回7位)
システムキッチン(前回8位)7位ホームセキュリティー(前回6位)
24時間利用可能ゴミ置き場(前回7位)8位高速インターネット(初)
防犯カメラ(前回11位)9位ガレージ(屋内/屋外)(前回15位)
ウォークインクローゼット(前回13位)10位24時間利用可能ゴミ置き場(前回10位)

 

※2021年10月18日:全国賃貸住宅新聞より

 

ポイント①インターネット無料・高速インターネット

 

コロナ禍でニーズが増えた設備として、インターネット無料、高速インターネットが上位にランクインしております。
仕事だけでなくプライベート利用の需要も高まり、部屋探しにおいてより具体的なインターネット環境の要望が上がると共に、「実際に使用してみたら速度が遅い」といった入居者からのクレームが寄せられる頻度も、コロナ禍前から増加傾向にあります。

 

実際に、弊社でもインターネット無料を導入している物件でクレームを多くいただきました。
具体的には、
「インターネット速度が遅く、オンライン授業が止まってしまって困る」
「夜にスマホで動画を見たり、オンラインゲームをしたいのに、速度が遅くて快適に過ごせない」
「ズーム会議や在宅勤務でインターネットを使うが、速度が遅くて、仕事が進まない」
など、単身向け物件に住む学生や会社員からクレームいただくことが多かったように感じます。

 

これからインターネット無料を導入される際は、入居者の年齢層も考えながら、インターネット速度にも注目してみましょう。

 

ポイント②宅配ボックス

 

単身・ファミリー問わず、「宅配ボックス」の人気が増えてきております。
人と接触することが少なく済み、ネットショッピング利用が増えた自分のタイミングで荷物を受け取ることのできるのは大きいですね。

 

余談ですが、宅配ボックス関係でのクレームとしては、
「ずっと荷物が入ったままでボックスが埋まっていて自分が利用したいときに利用できない」
「宅配業者が解錠番号を入れるのを忘れたようで番号がわかないため解錠できない。開けてほしい」
がよくあります。

実際にボックスを開けて、中の荷物を確認すると、退去者の荷物もあり、古いものだと2年前のものもありました。
入居者からクレームがあったタイミングでもいいですが、定期的にボックスを開けて、中を確認してみるといいかもしれません。

まとめ

今回のランキングから、在宅時間が増えるライフスタイルに対応できるよう設備を充実させることが差別化に繋がります。
これからの入退去の多いお引越しシーズンに向けて、賃貸物件の通常仕様として求められる設備、トレンド、コロナウイルス等の需要や市況を掴み、入居者様から選ばれる物件とは何か、一緒に作っていきましょう!