マスクでコロナは防げる?

 

こんにちは。
業務推進課の貝津です。

今年の半分以上を新型コロナの影響で自粛していた分、ここ最近ではGo ToイートやGo Toトラベルを利用される方が全国的に増えて、皆様も外出する機会が多くなってきていませんか?

今や外出時のマスク着用が当たり前になっていて、感染予防に外せないマスク。
先日ニュースで「マスクの防御効果がどれほどか」実物の生きた新型コロナウイルスを使用して世界初の検証実験が行われたと拝見しました。

 

【東京大学医科学研究所】
ウイルスが漏れ出さない空間に口元からウイルスを出すマネキンと空気を吸い込むマネキンを向かい合わせにしてマスクの効果を検証した結果・・・


吸い込む側はマスクなしと比べ
布マスク・・・・・17%減
不織布マスク・・・47%減
N95マスク・・・・79%減

 

吐き出す側はマスクなしと比べ
布マスク・・・・・70%減
不織布マスク・・・70%減


吐き出す側はマスクの種類に関係なく約70%の飛沫を防ぐことが可能ですが、吸い込む側はマスクの種類によって防御効果が変わってくることが分かりました。

マスクの防御効果は100%ではないと認識の上、使用していましたが、実際の数字をみると一時期品薄状態になっていた不織布マスクが50%以下という低い数値に衝撃を受けました。

市販のおしゃれなマスクや手作りマスクなどたくさんありますが、マスクの役割を考えて、デザインだけではなく機能性も考えて使用していきましょう。
また、コロナ対策はマスクだけでは不十分なので手洗いうがい、消毒などの総合力で取り組むことが大切なのだと再認識しました。